ロケLOG

大学生のロケットマンによるブログ

【勝間和代49歳に勝ちたい】更新頻度がバケモノすぎる

わたしは勝間和代49歳に勝ちたい。

 

勝たねばならぬのだ。

 

このブログで。

 

 

 

良いブログとは何なのか?

 

その答えに私はまだ、辿り着いていない。

 

 

 

ただ、ブログをやっていて気付いたことがある。

 

基本的なブログレベルがかなりものをいうということだ。

 

 

 

どれだけ面白くても、どれだけ役立つことでも、伝え方がわからなければ意味がない。頭で描いたことは「伝える」というフィルターを通して、相手の頭に届くのだ。

 

この「伝える」はブログレベルなのである。

 

それは書かねば、上がらないことなのだ。

 

ここでいうブログレベルとは、何か基本的なことだ。文章力はもちろんだが、ブログならではの改行、引用、デザイン、タイトル付けなども含まれる。

 

 

 

このレベルを効率よく、経験値を集め上げるには、どうすればいいのか。

 

それはたくさんの記事を書くことでもなく、1記事あたりの文字数を増やすことではない。

 

ブログに触れた時間(書いた文字数)こそが大切なのではないか

という結論に僕はいたった。

 

 

 

つまり

記事数×1記事当たりの文字数=全文字数

 

これが大切なのだと。

 

これは雑魚ブロガーのわたしが言っていることなどで、鵜呑みにするのはよくない。もっと伝える気持ちだとか、そういったもののほうが大切なのかもしれない。

 

がしかし、今のところわたしは文字数が大切だと思っているのだ。

 

 

 

そう考えると勝間和代49歳は強すぎるのだ。

 

12月12日からブログをはじめて、16日間で77記事を更新しているのだ。

1日4.8記事書いているのだ。

 

 

暇なのか・・・

 

 

 

 

と言いたいところだが、違う。

時間の使い方がうまい効率人間なのだ。

 

忙しい時間でも書けるように様々な工夫がされているのだ。

 

 

 

それは日々のブログから垣間見ることができる。

 

まずは音声入力だ。何かをしながら書いているのだろうかは、わからないがブログに多く出てくる。

気軽に書けるのだろうと思う。

 

そこでわたしも音声入力も使ってみたのだが、iPhoneの音声入力はかなり精度が高い。使ってみてびっくりした。

 

しかし恥ずかしいのだ。何もないところに話しかけるように話すのだ。なんか恥ずかしいのだ。

 

さらに実家暮らしであるので、家族に気味悪がられてしまうのだ。多分、頭がおかしくなったと思われていた。

 

慣れたら、かなり使いやすそうだが、慣れるまで時間かかりそうだなぁという感じである。

 

 

 

さらに記事を効率よく書くコツとして、作業環境の工夫がすさまじいのだ。

 

家事をしながら書けるようにしているのだ。

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

正直いって、頭おかしいと思う。

 

しかし、そのおかしさがすさまじい更新頻度を保っているのだ。

 

 

勝間和代49歳 すさまじい。

 

 

 

そして、1記事当たりのクオリティも高い。

ごりごりの役立つ系記事を書いてくるのだ。

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

アイドル特有の

「今日は○○に行って、○○を食べたよ♡」

みたいな、かわいらしい記事がないのだ。

 

 

勝間和代49歳 かわいくない

 

 

 

しかもホッテントリして喜んでいるし・・・

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

これはもはや、アイドルの所業ではない。

(アイドルだったっけ・・・)

 

「ホッテントリーで喜んでるとか、はてな民かよwww」

である。

 

勝間和代49歳はアイドルからはてな民に成り下がったのだ。

(アイドルだったっけ・・・)

 

 

 

とにかく

勝間和代49歳はあなどれない女である。

 

油断した瞬間にはてな界が全てたべられちゃうであろう。

 

それほどの凶悪な力をもつモンスターである。

 

 

 

わたしは、それを阻止しなければならないのだ。

 

そのため、わたしも強大な力を得るため、

 

今まさに、パソコンをカタカタしているのだ。

 

カタカタこそ世界を救うのだ。

 

 

 

思ったのだが、やはり勝間和代49歳は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇なのか・・・