ロケLOG

大学生のロケットマンによるブログ

パワポでアイキャッチ画像作ってみた

パワポでアイキャッチ画像作ってみたので、その経過を書いていきたいと思います。

 

今回作ったアイキャッチ画像を使った記事がこちらです。

 

実際のアイキャッチ画像はこんな感じです。

f:id:rocketman5th:20171224214455p:plain

 

これを作っていきます。

10分くらいで作れます。

 

1 フリー素材探し

今回、フリー素材を使わせていただいたサイトはこちらです。

GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

 

ここから「パソコン」だとか検索して出てきた、良い感じの画像を使います。

パワポに貼り付けます。

f:id:rocketman5th:20171224215451p:plain

 

2 アート効果を使用

パワポには、図を絵画のようにしたりできる機能があります。

今回は「チョーク:スケッチ」を使います。

 

図を選択→書式→アート効果→チョーク:スケッチ

f:id:rocketman5th:20171224215736p:plain

 

背景は完成(/・ω・)/

 

3 11を書く

11を書きます。

挿入→テキストボックス→横書き→11と書く

f:id:rocketman5th:20171224220350p:plain

 

字をでかくします。

フォントサイズは96までしか選択できませんが、直接半角で書き込めば上限を超えれます。

今回は300です。

 

そして斜体にしてかっこよくします。

f:id:rocketman5th:20171224232938p:plain

 

3 11の編集

11を良い感じに編集していきます。

 

文字を灰色に(かなり明るめです)

文字の塗りつぶし→灰色

f:id:rocketman5th:20171224234036p:plain

 

 

ボヤっと文字が目立つ光感を出していきます。

文字の効果→光彩→灰色の一番下のやつを選択

※ここからは、説明で分かりやすいように背景を付けます。

f:id:rocketman5th:20171224234822p:plain

 

 さらに11を立体感を出して目立たせるために「面取り」をします。

文字の効果→面取り→左上のものを選択

f:id:rocketman5th:20171224235331p:plain

 

4 11の編集(改)

次は先ほどの背景に合わせるために、文字にも「アート効果」を使います。

しかし、「アート効果」は図に使うものであって、文字には使えません。

 

そこで、作った11をコピーして「図」として貼り付けます。f:id:rocketman5th:20171225000208p:plain

 

こうすることにより、文字から図にすることができます。

 

先ほどと同じようにアート効果をします。
11を選択→図の書式→アート効果→チョーク:スケッチ

f:id:rocketman5th:20171225000431p:plain

 

5 完成

最初に作った背景に貼り付けて完成です。

f:id:rocketman5th:20171225000718p:plain