ロケLOG

大学生のロケットマンによるブログ

「僕の仕事はYouTuber」歴史としてユーチューブは面白い

こんにちは大学生のロケットマンだ。

 

まだ始めていないけど、就活めんどっちぃ。

 

趣味はと面接で聞かれれば、

「YouTubeを見ることです」

と答える。

 

YouTubeって色んなクリエイターがいるところが面白い。そんでもって歴史が作られているところをリアルタイムでみれて、小さな物語をみている気分になれる。

 

クリエイターが日々悩んで工夫しているのもわかる。何かヒットする動画があると、その企画をパクる動画が現れ、その次にその動画を捻くった動画がアップされる。

 

そんなものを見ていると、なんだか面白い。

 

モノ申す系というか週刊誌的な人の悪口ばかりを言うクリエイターもいる。そいつらは正しいのか。

面白いことを言えば、革命家。

つまらないことを言えば、「やっぱりそんなことばかり言っているから視聴数が増えないんだよ」とコメントに書かれる

 

まぁとにかく、YouTubeにはいろんな人が現れる。

その人たちがどのように絡まり、成長と挫折があり、そんな歴史を見ていて面白いのだ。

 

最近では、好きで動画を作るのが強いのか、合理的にお金を求めるのが正しいのかとか

今はヒカルの休止で好きで動画を作るほうが正しい感がある。

今後復帰して第2戦の開幕だ・・

 

 

この記事は本の紹介だ。

僕の仕事は YouTube

 

なんとなく題名は子供むけの雰囲気があり、買うのが恥ずかしかったが、ついに手に入れた。

 

単純に僕はYouTubeを外から眺めて、勝手に楽しんでいる人だ。

ただ、少しクリエイターはどのようなことを考えて作っているのか気になる。

 

著者ヒカキンは日本のYouTubeではNO1と言っていいだろう。

動画は子供向けだ。なので僕はたまに面白い動画があれば見る程度だ。

 

ヒカキンは僕の印象では、王道の王道というイメージだ。

言い方は悪いがクリエイティブなタイプではなく、確実にコツコツと積み上げていくタイプ。

 

流行りにはいつも2番手だが、そこから巻き返していくという感じである。

 

 

実際に本を読んでみても、挑戦はしているものの、そういったイメージであった。

 

本の内容は

「ヒカキンの歴史」

「ヒカキンの動画作りにおいて考えていること」

と主に2点である。

つまり、この本は「ヒカキン好き」と「クリエイター」向けに書かれている。

 

ファンとして読むのも良いし、ビジネス書として読むのもありなのだ。

 

正直ヒカキンの歴史はどうでもよかった。

高卒→スーパーに就職→あんま仕事好きじゃない→YouTubeで稼げたら会社辞めるために頑張る→ちょっとした挫折→成功

みたいな感じである。

ヒカキンってどこにいっても、仕事とかできそうなタイプであるが、仕事があまり好きではないのは意外であった。

 

精神的にというよりは、体力的に重いものを運んだりと大変だったと書いてあった。仕事というより、体が辛かったのかもしれない。

 

あと、ネガティブな仕事を辞めたいというモチベーションがあったのも、聖人のヒカキンには意外だった。

 

 

動画の作り方については面白かった。

あのくそみたいな

「ブンブン ハロー ユーチューブ」

にもしっかり、論理があってやっていることが分かった。

 

長年やっているだけあって、話には説得力があり妙に感心するものばかりであった。

 

「チャンネル登録よろしくね!」

みたいなのも、僕はあざとく印象が悪くなるんじゃないかと思っていた。けれど、それをすると、しないでは大きく差があるらしい。

 

話の最初のつかみは重要だったり、サムネイルの作り方など。

サムネイルは顔の表情と商品をできるだけ大きくするようにしているそうだ。

 

 

 

まぁ、僕もこのブログを作っていて、一応クリエイターなのだ。。。

だから参考になる部分は結構多かった。

 

「僕の仕事はYouTuber」は文字数はそんなに多くないので、読みやすい本です。

 

クリエイターの方、YouTube好きの方はぜひぜひ!!