ロケLOG

大学生のロケットマンによるブログ

不思議な少女

今日は朝から不思議である。

 

朝起きると、母がなんか騒いでいた。というのも、家の前に女の子ようの通学カバンが落ちているというのだ。

 

2階の自分の部屋の窓から見てみるとたしかに落ちている。

不思議だ。

 

家の中では連れ去られたんじゃないか説が浮上していた。そしたら叫び声とか聞こえるし、そうではないと思っていたけど不思議である。

 

母が外にそのカバンを見に行ったら、その持ち主と思われる少女が、家の前にある林の横道のような土でできた階段の上からこちらを見ているというのだ。

 

意味不明である。きっと学校に行きたくないんじゃないかとか母は言っていたが、なぜにカバンを地面の上に放置しているのか。意味不明である。

 

その後、父も見たという。少女は階段の上にいたらしい。その時は林の中を覗いていたという。学校へ行く際に何かを見つけて気になって探しているのであろうか。

ただ、カバンを道路の上に放置している意味がわからない。

 

母は声をかけたらカバンを持って上がっていったらしい。駅とは逆方向なので家に向かったのであろう。

 

それから、いくらかたった時に部屋の窓から外を見たら、その少女と思われる子がいた。多分、高校生である。

セーラー服でカバンを持たずに、ポケットに手をつっこんでふらふらうろついていた。目は半開きでボーッと考え事をしているようだった。

受験勉強に疲れてしまったのだろうか。そんなものよりもっと深く考え事をしているようだった。

 

話しかけようと思ったけど、やめた。