レールの上を歩いている大学生

地球を宇宙一の惑星にする大学生

地球が宇宙一の惑星になるためのブログ

原付きで通れない高速道路の料金所まで迷って来てしまった話

大学生ブロガーのロケットマンだぜぇ。

 

今日は先日に派遣のアルバイトの帰りに、道に迷って気づいたら高速を通れない原付きで高速道路の料金所に来ていて、引き返せなかったはなし。

 

1か月に2回くらい派遣のアルバイトに行ってて、前回行った派遣先が楽しくてもっかいいこう!って思ったわけよ。

片道、原付きで30分ぐらい。ちなみに原付きっていうのは法定速度が時速30㎞のバイクである。自転車よりのバイクみたいな感じのやつ。

 

で、帰るとき1回目はgoogle mapで迷いそうで帰ったんだけど、2回目は多分覚えてるわーみたいな感じで帰ったら案の定まよっちゃった。

 

っていうか、道がひどかった。

原付は3車線以上の道路で右折するとき、2段階右折と言って、曲がる右側の道路の向かいの左の道路にいかなければいけない。つまり、右折するのだが左折レーンに入らなければいけないわけよ。なんか危ないとかそういう理由。

 

で、左折レーンに言って2段階右折しようとしたら、まさかの2段階右折する交差点でなかった。極たまにそういう道路があって、吸い込まれるように左折してしまったわけよ。

 

で、進んでいったら高速道路の料金所があった。

 

原付き通れないんだわ。

さらに反対側の車線にはいけなく引き返せないわけよ。

 

しょうがないから料金所の人に言えばなんとなくなるんじゃねって思って、歩いていったら、機械だった。。。

 

今思えば、呼び出しボタンとかあったのかもしれない。

 

やべーどうしよーとか思ってて、とりあえず写真撮っといた。

そん時の写真↓

 f:id:rocketman5th:20170610005348j:image

 

でも、なんかこの写真のちょうど左くらいにゲートがあって、そのインターホンをおしたら、係員みたいなおばちゃんがきて出してもらえた。笑

 

流石に、高速道路に入りたくないのに間違えて料金所まで来ちゃう人ようの道はあった。

 

おわり