地球を宇宙一の惑星にする大学生

地球が宇宙一の惑星になるためのブログ

教師諸君、授業で挙手をして発言したら加点する制度はズルいぞ!

こんにちはロケットマンだ。

大学生である。

 

発言したら、加点する制度は

先生ズルいぞ!
と思う。

 

僕はこの制度について、「先生が成長しない!」と思うのだ。
というか、さぼってるだろ!
と言いたい。

 

なぜかと言うと、この制度は授業に興味を持たせると見せかけた、
つまらない授業をやっていて、生徒が振り向かないことを自分の授業のせいと考えていない先生の怠惰だからである!

 

つまり、これは方法論のデメリットである。

どんな授業がよいか、それは生徒が積極的に参加する授業が良い。

 

それを

「良い授業だから積極的に発言する」のだが、

「積極的に発言するから良い授業」とはき違えているのだ。

 

ぼくはだまされないぞ!


そもそも、手を挙げて発言するのはずかしんですけど…


なにはともあれ、それでは先生が成長しないではないか!

 

自分の授業が魅力あるものか、魅力のないものかわからなくなるからである!

どちらであっても、点が欲しく我々生徒諸君は挙手するからだ!

 

ぼくは手を挙げないけど…


教師よ授業の改善を常に求めるのだ

 

 

 でも、そんな教師の怠惰に立ち向かった。

 

つい先日、簡単な問題だったから手を挙げたぞ!


間違えちゃったぞ!
これ以上恥ずかしいはない。
安全に安全を重ねた結果ミスったのだ。

 

あいつ簡単な問題だけ手を挙げてミスってやんの笑笑笑笑


となるのだ。

この現象について、どうなるのか教師諸君はわかるかね?

心が折れてしまうのだよ。

 

大切な未来の担う若者の心を追っていいのか!!