地球を宇宙一の惑星にする大学生

地球が宇宙一の惑星になるためのブログ

【本】「頭が良くなる速読術」固定概念なんてぶっとばせファイヤーだった

 こんにちはロケットマンです。

 f:id:rocketman5th:20170428143003j:image

「頭がよくなる速読術」この本は、「書評ブログを書いている僕」、「大学生で勉強している僕」にとって非常に役に立った本です。

最近では本の読み方として、「レバレッジ・リーディング」という本が出版され人気がでています。

 

ただ、マイナーこそ最強と思っている僕は頭が良くなる速読術の方をお勧めします。

結局何事も心に残るか残らないかで、僕的に珍しいもののほうが残ると思います。つまり最近の流行りでなく、ひと昔前のものって結構いまとは異なっていて心に入ってくるものが多いということでっせ。でっせ、、、

 

内容は

速読のやり方

速読のトレーニング方法

速読で得られるメリット

脳と速読に関することなんかが書かれています。

 

固定概念を吹っ飛んだ

読書をいえば、最初から最後まできっちりと読むのが僕の中では常識でした。それは学校教育の副産物だったりします。学校では教科書をきっちり読んで、ゆっくりと進めていきます。

それは学校の授業は基本的に同じ内容をやらないので、そういう読書の仕方になります。

 

で、僕は本をタラタラ読むのがあまり好きではありませんでした。

しかし、なんかきっちり読まないと

「本の面白さとか、内容が理解できないのではないか?」

というよくわからん、あほみたいな脅迫概念がありました。なんなんだ。

 

そんな僕の固定概念は

 

吹っ飛びました。

 

むしろ、全て速読したほうがいいんじゃないかとも思っています。偏りすぎだけど、、、

 

速読のメリット

メリット!!

トーリーで覚えられる

教科書を覚えるときなど、単語一つ一つ覚えるというよりは、早く読むことにより、全体のストーリーで覚えることができます。

全体の構造が把握しやすいということです。

じっくり読むと、記憶力てきに少し前の内容を忘れ、ストーリーとして覚えにくいです。

また、早く読めば効率も上がり何度も読み返すことが来ます。

 

必要な知識を早く多く得られる

速読は自分に必要のない部分はぶっ飛ばして読むという意味でもあります。

やはり、自分に必要なものというのは感情が働き覚えやすいと思います。目的などを持っているときも同じです。

そこを効率的に読むことにより、素早く効率的に知識を得られます。

 

頭の体操になる

頭の体操のイラスト

f:id:rocketman5th:20170428142844p:plain

僕個人の感想ですが、速読をすると頭がすかっとします。これは数学の考える問題を解いたときのような感じです。

多くの情報を素早く処理するために、脳が働くものと思われます。

頭がはたらかん。ときにおすすめです。

 

速読のやり方

色々とコツはあるようです。

極めれば右側のページを読んでいるときに左のページが読めるだとか、、

やってみたけど無理だった。

ていうか無理だろ、、、

 

とりあえずは、最初は行の上から下をテンポよく流し見ることです。この方法が僕的にはめちゃしっくりきました。

意外と内容は頭に入ってきます。ちらっと入ってくる単語などでなんとなくわかります。

あと、目次や見出しタイトルなどを見とくと、早く読んでも話の内容はだいたいわかります。

 

役に立ったこと

ポンコツな僕にとって、速読は役に立ったことが実生活で結構ありました。

勉強面

教科書を読むのに役立ちました。前は用語を覚えるとき、書いたりしていたのですが、速読で読むことにより、「意味」や「つながり」がわかるようになり、知識はつきやすくなったと思います。

単語で覚える→前後のつながりで覚える

という感じになりました。

教科書は僕にとって、謎の書物だったのですが、金色のガッシュベルのように文字が読めるようになってきました。

(理解すれば読めるよてきな、、)

 

ブログ

このブログを書くのにも役立っています。書評ブログはポンコツなりに頑張って書いています。

速読をすると、「あれ?この本って結局、何書いてあったっけ?」みたいなことが少なくなりました。それは、記憶の薄れが時間が短いため少ない&全体の本の構造が分かっているとう点であると思います。

また、付箋をぺぺぺと貼ると、あとで書きやすいです。これは速読関係ないか、、、」

 

とまぁこんな感じで、「役に立った!!」という本でした!