レールの上を歩いている大学生

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球を宇宙一の惑星にする大学生

地球が宇宙一の惑星になるためのブログ

【本】「頭が良くなる速読術」固定概念なんてぶっとばせファイヤーだった

 こんにちはロケットマンです。

 f:id:rocketman5th:20170428143003j:image

「頭がよくなる速読術」この本は、「書評ブログを書いている僕」、「大学生で勉強している僕」にとって非常に役に立った本です。

最近では本の読み方として、「レバレッジ・リーディング」という本が出版され人気がでています。

 

ただ、マイナーこそ最強と思っている僕は頭が良くなる速読術の方をお勧めします。

結局何事も心に残るか残らないかで、僕的に珍しいもののほうが残ると思います。つまり最近の流行りでなく、ひと昔前のものって結構いまとは異なっていて心に入ってくるものが多いということでっせ。でっせ、、、

 

内容は

速読のやり方

速読のトレーニング方法

速読で得られるメリット

脳と速読に関することなんかが書かれています。

 

固定概念を吹っ飛んだ

読書をいえば、最初から最後まできっちりと読むのが僕の中では常識でした。それは学校教育の副産物だったりします。学校では教科書をきっちり読んで、ゆっくりと進めていきます。

それは学校の授業は基本的に同じ内容をやらないので、そういう読書の仕方になります。

 

で、僕は本をタラタラ読むのがあまり好きではありませんでした。

しかし、なんかきっちり読まないと

「本の面白さとか、内容が理解できないのではないか?」

というよくわからん、あほみたいな脅迫概念がありました。なんなんだ。

 

そんな僕の固定概念は

 

吹っ飛びました。

 

むしろ、全て速読したほうがいいんじゃないかとも思っています。偏りすぎだけど、、、

 

速読のメリット

メリット!!

トーリーで覚えられる

教科書を覚えるときなど、単語一つ一つ覚えるというよりは、早く読むことにより、全体のストーリーで覚えることができます。

全体の構造が把握しやすいということです。

じっくり読むと、記憶力てきに少し前の内容を忘れ、ストーリーとして覚えにくいです。

また、早く読めば効率も上がり何度も読み返すことが来ます。

 

必要な知識を早く多く得られる

速読は自分に必要のない部分はぶっ飛ばして読むという意味でもあります。

やはり、自分に必要なものというのは感情が働き覚えやすいと思います。目的などを持っているときも同じです。

そこを効率的に読むことにより、素早く効率的に知識を得られます。

 

頭の体操になる

頭の体操のイラスト

f:id:rocketman5th:20170428142844p:plain

僕個人の感想ですが、速読をすると頭がすかっとします。これは数学の考える問題を解いたときのような感じです。

多くの情報を素早く処理するために、脳が働くものと思われます。

頭がはたらかん。ときにおすすめです。

 

速読のやり方

色々とコツはあるようです。

極めれば右側のページを読んでいるときに左のページが読めるだとか、、

やってみたけど無理だった。

ていうか無理だろ、、、

 

とりあえずは、最初は行の上から下をテンポよく流し見ることです。この方法が僕的にはめちゃしっくりきました。

意外と内容は頭に入ってきます。ちらっと入ってくる単語などでなんとなくわかります。

あと、目次や見出しタイトルなどを見とくと、早く読んでも話の内容はだいたいわかります。

 

役に立ったこと

ポンコツな僕にとって、速読は役に立ったことが実生活で結構ありました。

勉強面

教科書を読むのに役立ちました。前は用語を覚えるとき、書いたりしていたのですが、速読で読むことにより、「意味」や「つながり」がわかるようになり、知識はつきやすくなったと思います。

単語で覚える→前後のつながりで覚える

という感じになりました。

教科書は僕にとって、謎の書物だったのですが、金色のガッシュベルのように文字が読めるようになってきました。

(理解すれば読めるよてきな、、)

 

ブログ

このブログを書くのにも役立っています。書評ブログはポンコツなりに頑張って書いています。

速読をすると、「あれ?この本って結局、何書いてあったっけ?」みたいなことが少なくなりました。それは、記憶の薄れが時間が短いため少ない&全体の本の構造が分かっているとう点であると思います。

また、付箋をぺぺぺと貼ると、あとで書きやすいです。これは速読関係ないか、、、」

 

とまぁこんな感じで、「役に立った!!」という本でした!

 

アマゾンスチューデントの体験版よりプライムの体験版が絶対お得!

こんにちは。

 

アマゾンスチューデントに入会しようと思い、体験版に入会しました。

しかし、アマゾンスチューデントの体験版はできることが少なかったです。調べてみたら、無料の体験版ならアマゾンプライムのほうがよかったので、そのことについて書いていきたいと思います。

 

体験版の期間

amazon student→6か月

amazon plaime →1か月

と期間だけなら、amazon studentのほうが断然お得です。

しかし、中身が全然異なりました。

 

amazon studentの体験版でできること

f:id:rocketman5th:20170425160358p:plain

 

赤枠以外のものを使うことができます。

で、amazon studentの体験版できることって、たくさんあります。

しかし、ほとんど全て学生にはあまりいらないものです。

 

早く届いたり、安くなったり、、、

確かにうれしいのですが、肝心のものがありません。

 

  • プライムビデオ 人気の映画・TV見放題
  • プライムミュージック 100万曲聞き放題
  • 毎月kindle本1冊無料

が使えないのです!!!

f:id:rocketman5th:20170425160249p:plain

 

アマゾンプライムの体験版

  • プライムビデオ
  • プライムミュージック
  • 毎月kindle本1冊無料

が使えます!!

 

 

体験版ならプライム!

期間は1か月短いですが、中身てきにはアマゾンプライムのほうが良いです!

それで、よかったなと思えたら、アマゾンスチューデントに入会するのが良いと思います。

 

有料版ならアマゾンスチューデント

 値段は

アマゾンプライム

年会費3900円(一月あたり325円)

アマゾンスチューデント

年会費1900円(一月あたり159円)

 

値段は半額くらいですので、学生はスチューデントのほうに当たり前ですが入るべきです!というか、そもそもめっちゃ会員費は安いです!!

また、文房具が安くなったりします!

 

アマゾンスチューデントでは

4~6月限定 「プライムビデオ」視聴で 2,000円クーポンプレゼント

というキャンペーンも開催されているので、今はお得です!↓

 

アマゾンプライムの体験版を試したい方は↓

ポンコツ大学生が本を少し読み始めたら勉強が少し好きになった

 僕は勉強が大嫌いです。

そんな僕ですが中学生くらいまでは算数の問題とかを解くのが、好きでした。また、暗記することが嫌いだったのも理由のひとつです。

 

しかし、算数って「もしかして覚えるの?」みたいな幻想が生まれてきました。 

 三角形の相似の条件は頑張ったのですが、

高校で「数列の漸化式」なるものが出現して敗北しました。

「公式なんで覚える必要ないっしょ」と思っていたのですが、「なんかむりじゃね?」「ん??ん??」となって暗記組に負けるようになってから勉強が嫌いになりました。

 

とか言ってますが、思えば勉強はずっと嫌いでした。笑

 

 

そんな僕は大学の授業は何一つ面白くありません。ただひたすら公式を覚えたり、用語を覚えたり、、、

 

くそつまらなかったです。

 

よくわからない授業は

教授死ね

 

とがちで思っていました。

今もたまに思うけど、、、

 

「黒板に書きまくるうんこ野郎」

「ロボットのように授業する先生」

はまじで死んでほしいです。

 

プリント配って終わりでよくね?

日本で一番わかりやすい先生のビデオ授業でよくね?って思います。東進てきな、、、

 

あ、ちなみに僕は受験勉強がだるかったので指定校推薦で大学に入学しました。つまり勉強経験がほぼないということです。

 

 そんな僕は推薦入学で勉強しておらず、まわりが勉強できる中、劣等感タラタラです。

僕はできるはずなのに!!

 

なぜか、中学生くらいまでは算数が得意だった僕はそう思っていました。

 

 

しかしできないのが現実。

 

それはなぜなのか?

 

なんか本を読んでたら少しわかりました。

 

本を読むと

教科書に抵抗感なくなる

教科書を読む

知識がつく

考えるようになる!!

 

知識がないと考えることができず、もぞもぞするんじゃね?って思います。

 

そんな、本を少し読み始めて、教科書を読むようになった僕は、授業で問題が解けるようになってきて、そう思います。

 

ちょっと楽しくなりました。

 

できると思っているけど、なぜかできないのは、自信とかでなく、、、、

 

知識が少しないのかも、、、、

 

 

ちなみに、僕みたいな人は速読をやってみることを進めます。

結局勉強をあまりしなかった僕ですが、覚えることは反復が大切だと思います。

ビジネス書などで、「習慣」について書かれているのも、そのためだと思います。習慣は毎日の反復だからです。

 

熟読するより、ぱぱぱ~っと読んだほうが色々読めるし、違う本でも同じようなものを読むと、覚えることができると思います。

 

おわり

 

この本で僕は速読について学びました。

「速読すげぇ!」ってなります。

算数得意だったけど、暗記うんこみたいな人におすすめです。

ここからポンコツの逆襲だ!!

 

 

大学生の暇人の僕的【.ioシリーズ系】のゲームランキング

こんにちは大学生のロケットマンです!

最近?というか結構前からなのかよくわかりませんが「.io系」のゲームが流行っております。

 

 

今回はやってみて面白かったものでランキングを作りたいと思います!

ちなみに僕は【.io系】ゲームが大好きで時間をかなり吸い取られました。笑

 

「.io系」とは

agar.ioが起源と思われるのですが、マルチプレイ(オンライン)のシンプルなパソコンゲームです。

共通するのは、ブラウザで手軽に遊べるマルチプレイゲーム(オンライン)ということです。相手が実際にいる人ですので、心理戦のような感じになり、そこが【.io系】の面白さでもあります。

 

種類は10種類ほどあると思います。正確には把握していないのですが、かなりの頻度でいろんな種類のものが出ています。

 

6位superhex.io 陣取り

f:id:rocketman5th:20170423231403p:plain

Superhex.io

陣取りゲーム。

 

ルールは自分の陣地を線で引いて、ポイントを稼ぐというものです。

相手が引いている線を踏むと、倒すことができます。

 

基本的に自分の陣地を広げていればいいのですが、なぜか戦いたくなります。笑

地味にはまる。

 

5位oceanar.io 弱肉強食さかな

f:id:rocketman5th:20170423232802p:plain

Oceanar.io

海の中でプランクトンを食べて、魚の群れを作るゲーム。

貝やカニなどを仲間にすることもできます。

 

自分の群れを誘導して相手をたおすことができます。

相手を倒すと、相手の群れの生き残りを自分の群れにすることができます。

 

どんどん自分の群れを巨大にしていくゲームです!!

 

4位space1.io シューティング

f:id:rocketman5th:20170423233101p:plain

space1.io

マルチプレイシューティングアクション

 

機体のようなもので戦います。

機体は落ちているブロックを破壊するか、相手の機体を破壊することで増やすことができます。

 

機体が多いと移動速度と弾の速度が遅くなります。

また、「S」で機体の半分を分離し、スピードアップして逃げることができます。

 

【ちょっとしたコツ】

このゲームは死んだら、ポイントが半減します。ですので、高得点を目指してランキング入りするには、「いかに死なないか」 が重要です。ですので、強い人は「s」の分離を有効に使っています!

「S」は逃げた相手を追うのにも使えます。

「ヒット&アウェイ戦法」が良いです。

 

3位slither.io ミミズ

f:id:rocketman5th:20170423233940p:plain

slither.io

ミミズ?を大きくしていくゲームです!

相手の頭に体をうまくぶつければ倒すことができ、栄養を手に入れることができます。

 

ブーストをうまく使ったり、相手を長いからで囲ったりするとうまく倒せます。

 

2位agari.io 弱肉強食たま

f:id:rocketman5th:20170423233313p:plain

Agar.io

玉と玉の戦いです。

自分の玉を大きくしていくゲームです。

 

自分より小さい球を食べることができます。

それを繰り返し大きくしていきます。

 

分裂して自分の玉を飛ばして相手を取り込むことができます。

個人戦なのですが、玉を送って同盟のような形になることがあります。日本人同士での仲間とかなりやすいです。

だます人もいます。笑

 

1位diep.io 戦車

f:id:rocketman5th:20170423233450p:plain

diep.io

マルチ戦車シューティングゲームです。

 

玉を打ちまくって相手を倒すことが目的です。

レベルが上昇すると、戦車がレベルアップし進化することができます。戦車の種類は20種類くらいあります。個性的な戦車が多く色々使ってみたくなるので、なかなか飽きません。

 

様々なモードがあるのですが、4チームに分かれての対戦が一番面白いと思います。意外と仲間が助けたりしてくれます。